• harmonycollege

ポニーエクスプレスonline No.10


『猫とわたし』


ぼくじょうようちえんぱっかのスタッフ、なっちゃんこと畑谷尚子です!

小6から今までずっと「なおこ」と呼ばれてましたが、今年から「なっちゃん」です。

わけは聞いてみてください~!

今年は初めてのゆめ組(2歳児)担任で毎日子どもたちとスタッフと馬と幸せです^^

今回は、最近会えてない実家の猫のこと、書いてみようかなと思います。


実家に「しぃな(12歳)」と「うい(9歳)」という猫がいます。

しぃなは去る者は追わず来る者は拒まずで平穏を愛する猫。

ういは内弁慶メンヘラギャル。

好きなものも違えば、性格も正反対の2匹。


しぃなは大好きな母の後ろをついてまわり、母がしていることを見て、母が座ろうもんなら膝に飛び乗り、ゴロゴロと喉をならしてとても幸せそう。

ういは棚から飾りを落としたりして、それを私たちにみられても「結構重かったけど落とせた!褒めて!」と目をキラキラさせながら私をみます。


どうしてそんなにまっすぐで自信にあふれて、幸せそうなんだろう。といつも思っていたところ、最近出会った本にこたえが書いてありました。


「自分の直観を信じ、何事にも執着しない。自分ができることをやりきっているという自覚があるのでしょう。「明日どうしよう」なんて考えたこともない」 

              猫はうれしかったことしか覚えていない 文:石黒由紀子


ああ、そうだな。と思いました。誰と比較することもなく、自分を信じ、執着せず、今を生きる。まるで子どものようだと思いました。


ぱっかの子どもたちは、猫のように今を生きています。それこそ「明日どうしよう」なんて考えもしないでしょう。だから、その分今見えているもの、感じているものが全てキラキラして見え、しなびたどんぐり一つ、宝物で小さなやわらかい手にギュッと握っているんでしょう。


私も猫や子どもたちのように「今」をとことん生きたいな。と思いますが、どうやら次くらいのステージにいるようなので、常にはできなさそう・・・。でも、ぱっかの子どもたちと過ごす時は「今」を満喫し、子どもたちの直観を信じ、過ごしていきたいな。と思うこの頃です。


なっちゃん(畑谷尚子)


ぼくじょうようちえんぱっかの詳細はこちらから☟

https://www.pakka-sorayama.com



シェアして応援!!

ハーモニィカレッジの活動を応援して下さる皆様へ

できるだけたくさんの方に情報が届くように、

あらたに活動に参加・応援して下さる方に出会えるように、

ハーモニィカレッジが発信する情報にぜひいいねをお願いします。


下のアイコンをクリックするとFacebookやTwitterでシェアができます。

応援よろしくお願い致します。


254回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示