top of page

No.84 どっちにするか自分次第!

ぱっかのある1日を紹介します!


 ぱっかにはその日の活動場所を自分で選ぶ日があり、その日は、空山で残る子と山に行きたい人で分かれて、別々の活動をする日でした。

  2歳児から5歳児までバラバラなメンバーが揃い、みんな自分で行きたい方を選び、バスに揺られて出発!


 自分は山の方について行きました。そして各々のペースで山登り開始!


 先頭の方は5歳児が、後ろの方は2歳児が歩くペースで別れてましたが、次第にごちゃごちゃに…途中でカナヘビを見つけたり、木の実を取ったりと森の中ならではの興味をそそるものがたくさん!



 最初は登る気満々でしたが、ある程度登ったらもう他のことに興味をそそられ、寄り道をたくさんしました。


 お昼ご飯もお腹が空いたらみんなでどうするか話して食べることになります。


ぱっかでは、このような日常を牧場や森の中で過ごすなかで、


・自分で考え自分で決める


・どうするのかはみんなで決める


子供に寄り添い、一人一人と向き合うことで自分の気持ちを出せる場を作り、そしてみんなが受け止めてくれる場をつくれるよう、保育をしています。


認定こども園ぱっかスタッフ米田宏樹

閲覧数:198回0件のコメント

最新記事

すべて表示

もりたね会という思いを出し合い対話する会を、月に1回くらいのペースで開催しています。 もりたね会は、世代や所属・立場など関係なく人と人が出逢い、様々なことを本や記事、人から知り学び、対話をする会です。会員制ではなく、初めての方でも一回限りの方でも大丈夫です。 子育て、教育のことを中心に、社会や個々のありかた・生き方などをテーマに雑談から少し哲学的な話もすることもあります。答えが一つでないことも多く

bottom of page