top of page

No.68~認定子ども園になっての4か月~



歓喜と共にスタートした4月でした。園児数も増え、スタッフも3人増え、新しい園舎も使えるようになり、希望に満ちた日々でした。

はじめは、人数確認や安全管理にはらはらしていましたが、7月を迎え、子ども達も成長し

危機回避能力も育ち、おかげさまで無事に1期を終了し、ホッとしています。

ありがとうございます。


センスオブワンダーなつぶやきを少し拾ってみました。


4歳の男子が、降ったり止んだりする雨を見ながら「仕上げの雨が降っとるで」と一言。

どんな雨?と聞いてみたら、「最後、空が全部きれいになるための雨。」


4歳女子がプールの遊びの後の着替え中のこと。その子が胸に手を当てて身体をくねくねさせてるので、「どうしたの?」と聞くと、「私、ドキドキしてるのー!」「クッキングとプールが楽しすぎてドキドキするー💛」と。


4月から全く馬に乗ろうとしなかった2歳の男子が1期も終わる前日、自らヘルメットをかぶり、みんなの所に来ているではありませんか!!乗るの?と聞くと、コクリとうなずく。

スタッフ一同、びっくりでした。1年位はかかるんだろうなーと見守っていましたし、それでいいのです。

ぱっかでは、馬に乗ることだけを大事にしているわけではないのですが、その子がみんなの乗る姿や関わる姿を見て1期の終わりに、自分の気持ちから、乗ろう!と思い、ヘルメットも取りに行き、

スタッフの問いかけにうなずく2歳児に成長しているのです。そこがすごい!



すべてがセンスオブワンダーな日々のぱっかです。

幼児たちが野外で感覚を全開にしている時間は育ちの中でとても大切。


子ども達の、今を大切に過ごしている場所がここにあります。


来年度の園児も若干名募集しています。

10月からが受付ですので、お問い合わせください。


認定こども園ぱっか 園長 石井優子

閲覧数:307回0件のコメント

最新記事

すべて表示

もりたね会という思いを出し合い対話する会を、月に1回くらいのペースで開催しています。 もりたね会は、世代や所属・立場など関係なく人と人が出逢い、様々なことを本や記事、人から知り学び、対話をする会です。会員制ではなく、初めての方でも一回限りの方でも大丈夫です。 子育て、教育のことを中心に、社会や個々のありかた・生き方などをテーマに雑談から少し哲学的な話もすることもあります。答えが一つでないことも多く

bottom of page